2014年01月27日

スターバックス成功物語

1/27(月) 晴れ

ザ・プロフィット」演習14の課題図書を読み終えた。
スターバックス成功物語」というタイトルの本である。

この本は、日本でもおなじみのカフェ スターバックスの物語である。
シアトルの一コーヒーショップに過ぎなかった(1982年当時 4店舗)
スターバックスが、世界的な規模に成長した過程が書かれている。

著者は、スターバックスの会長兼社長兼最高経営責任者の
ハワード・シュルツである。

本の冒頭に、ハワード・シュルツの生い立ちが書かれている。
幼いころは、ニューヨーク・ブルックリンで苦しい暮らしをしている。
その暮らしから、抜け出すことを考えながら、スポーツに打ち込み
アメリカンフットボールの特待生で大学を卒業した後
ゼロックスに入社している。

この冒頭部分で、私は、彼に2つの魅力を感じ、親しみがわいた。
@貧しい生い立ちを自分の力で脱出したこと
A一度、サラリーマンとして働いた経験があること

そんな彼がコーヒーに出会い、その文化に魅了されていく。
そして、コーヒーを広めるため起業する。
以降、会社は成長していくのだが
最後まで、コーヒーに最初に出会ったころの
コーヒーの文化を大事にする精神は、変わらない。

私は、スターバックスが成長した理由がここにあると考える。
もっとも大事なことは何か?
(=コーヒーの文化を大事にする精神)
それが明確であったために、大成長ができたのだと考える

この本には、その事例
(スターバックスを成長させながら
いかに、もっとも大事なことを失わないようにしてきたか)
が多く書かれている。

私自身もビジネスを探している。
自分が良いと思ったものをはじめる勇気と
それを最後まで信じることを大事にしていきたい。





TOP





posted by genさん at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践記録 思考力強化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

妻と娘が退院

12/2(月) 晴れ

本日、妻と娘が退院した。
これから、新しい生活がはじまる。
家族3人、幸せに暮らして生きたい。


TOP
次へ




posted by genさん at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。